携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第1編 株式交換の法律実務

第1 株式交換の概略
2 株式交換の可能な組織形態

株式会社は株式交換をすることができ、株式交換により完全子会社になることができるのは株式会社のみに限られます。
また、株式交換により完全親会社になることができるのは、株式会社及び合同会社に限られます。
また、特例有限会社及び解散した会社は、株式交換の当事会社となることはできません。